卯月・桜 春の心地よさと花の季節を愉しむ日本茶


日本茶のある暮らし

朝晩は少し冷え込むものの、晴れた日の朗らかな昼の暖かさに、すこしずつ春の気配を感じれることができる季節になってきたでしょうか。道を歩けば、軒先の桃の花もちらほら、気の早い河津桜などの品種はもう花を咲かせているかもしれません。徐々に本格的な春の足音が着実に近づいているのを感じますね。

そんな春たけなわの4月。主役はやはり「桜」。例年では3月下旬あたりから咲き始めて満開となり、4月頭には咲き誇っている桜が徐々に散りゆく時期を迎えます。暦の上では、この時期は晩春。桜の花びらが舞いながら散る姿にもののあはれを感じながら、春が過ぎ去っていく寂しさを感じることもあるでしょうか。そんな夢のようにはかなく散る桜のことを「夢見草」ともいいます。昔の人にとって夢も桜もはかないものだからだそうですが、今の私たちにとっても、夢を重ねて眺める花として夢見草という名前はぴったりかもしれません。

さまざまのこと思ひ出す桜かな―松尾芭蕉

松尾芭蕉もそんな桜を眺めて夢のようにはかなく流れていく時の流れを感じていたのでしょうか。この一句に、桜をぽつんとひとりで見上げながら、懐かしい記憶を思い起こして湧き上がる感情を静かに受け容れて佇む芭蕉の背中が目に浮かびます。日本人にとってこの桜の季節は、別れと新しい出会いの季節。そこには、芭蕉に限らず、ひとりひとりが桜とともに過ごしたかけがえのない思い出を持っていることでしょう。

日本茶のある暮らし

みなさんにとってこの桜の季節には、どんな想い出があるでしょうか?「春惜月(はるおしみづき)」とも呼ばれる4月。短い春が去っていくとともに、卒業などの人生の区切りの中で多くの別れを経験し、時が過ぎるのを惜しむ季節かもしれません。でもそれ以上に新しく始まる生活に胸躍らされる時期でもあります。

私の想い出はどちらかというと後者のほうが多いでしょうか。新しい生活の中で尊敬できる先輩と出会い、そこで薫陶を受けたことが、私の人生にとって大きな意味をもつことにもなりました。そして何より、春の訪れとともに始めたいろいろな挑戦が、長きにわたってすでに習慣として身に付き、私自身の生活を形作る大切な一部になっています。そんな人生の転機となるような出会いや別れの季節には、ぜひ日本茶もお供に。もしかしたらそこであなたの生活の伴侶となるようなお気に入りのお茶を発見するかもしれません。

日本茶のある暮らし

4月のNAGOMU TEA BOXでは、春の心地よさと花の季節を愉しむ日本茶をお勧めしています。朗らかな暖かさと桜をはじめとする花の香りに満ち溢れたこの季節。NAGOMUの日本茶をお供に外に出てその季節を愉しみながら、新しい発見をしてもらえるきっかけになればと思っています。そこで出会った人やモノが、あなたの新しい生活にとって嬉しい想いでになってくれたらと思っています。

そんなNAGOMUの一押しは、「季節のかほり茶 桜と緑茶」。緑茶に塩漬けした桜葉を合組(ブレンド)したこのフレーバーティーがイメージしたのはまさに春を告げる和菓子「桜餅」。日本の春を想起させる桜のかほりをぜひお愉しみください。

「山の煎茶 花のみのり」は、正式には「Z1」と呼ばれ、国立試験場で試験栽培されたものの土壌を選び、生育が難しいことから、品種名が登録されることはなく消えていった幻の茶葉。NAGOMUの花のみのりは、みずみずしい若葉の香りのような爽やかさに加えて、後味のフルーティーな余韻が特徴的です。

そして最後に、「匠の微香茶 芽茶」。日本茶の茶葉を仕上げていく加工工程の中で選別される出物(でもの)と呼ばれる副産物のひとつである「芽茶」。茶葉の先の細い部分だけを選別したお茶で、コロコロと小さく丸まった形と、お茶の成分が凝縮された力強く濃厚な旨味を持つ、通好みのお茶です。

3つの日本茶とともに、新しい生活が始まるこの季節に、春と花の季節を愉しみながらほっとひといきついていただけることを願っています。

それでは、お茶とともに感じる色に満ちた生活を。Life is colourful.

現在ショップでは、4月からの定期購読やお試しBOXの予約を受け付けています。興味のある方はこちらから。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published