山の煎茶・花のかほり


日本茶のある暮らし

美味しい日本茶のサブスク

今月の一押し。「山の煎茶・花のかほり」は、花のかほりを、鼻ではなく、喉で感じれるような、この時期にぴったりの日本茶です。もともとは「静7132」という1960年代に静岡県茶業試験場で「やぶきた」の実生(みしょう)から選抜されて、育成されたお茶。その茶葉には桜の葉、明日葉、ヨモギなどが持つ「クマリン」と呼ばれる芳香成分の一種を含み、それこそまさに春を迎えて咲く花のかほりのよう。ぜひちょっとした春のひといきに、愉しんで欲しいなと思います。

 


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published