山の煎茶 梅ヶ島


日本茶のある暮らし

今月最後の週にご紹介するのは、山の煎茶シリーズから、安部川上流域の山間の自然が生み出した美しい日本茶、梅ヶ島。急峻な斜面の狭い茶畑で、ほとんど機械に頼らず、手作業で丹精込めて育まれたこの山の煎茶には、生産者の苦労とこだわりの結晶が凝縮されています。初摘みから遅れること数日後に摘まれた茶葉(3号)を使ったこの日本茶は、初摘みと違い、高温で淹れると香りが引き立ち、山のお茶らしい力強さと繊細さが織りなす味わいが愉しめます。今週は、この梅ヶ島の魅力をご紹介していきますので、よろしくお願いします。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published