梅ヶ島・秋の味覚


日本茶のある暮らし

昨日に続き空気が澄んだ秋の夜空には満月に近い美しいお月さまが見られることでしょう。ベランダでお供え物をした秋の味覚や彩を感じながら、会話を愉しむとともに梅ヶ島のお茶を味わってみてはいかがでしょうか。秋を代表する果物の一つ柿は、はるか昔から日本人と深い結びつきがあり暮らしに溶け込んできました。「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」正岡子規の俳句のように、五感でしみじみと秋を感じながら晩秋の紅葉を迎えたいですね。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published