日本茶暮らしなモノ・大谷焼


日本茶のある暮らし

赤膚焼に加えて最近のもうひとつのお気に入りのお茶碗がこの大谷焼のもの。淡いブルーのグラデーションカラーが特徴です。大谷焼は、もともと九州で焼き物職人だった人たちが、徳島の大谷村(現・鳴門市)に住み着いて、はじめてロクロ細工を披露し、火消壷等の雑器類を焼いたことが始まりと言われています。当時、阿波の国(徳島県)では、焼き物は極めて珍しく、その妙技が評判となりました。それ以来の伝統を今も守り続けています。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published