山の煎茶・摩利支


毎日の日本茶暮らし

毎日の日本茶暮らし

摩利支(まりし)は、一時期育成者が途絶え、生産されないまま、数年間市場に流通することもなかった幻のお茶。新間の藁科川流域、本山の一角で育てられたNAGOMUの摩利支は、茶葉の力強さを感じる香りに、出汁のような濃厚な旨味を持ち、カリスマ的な天才肌の存在感があります。香りと旨味を最大限に引き出すために、小型の火入れ機を使用し、香りが最大限に引き出される瞬間を見逃さないように、丁寧に手作業で仕上げました。稀少価値の高い茶葉と熟練の技術で丁寧に仕上げたNAGOMUの摩利支を、ぜひ愉しんでください。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published