山の煎茶 両河内・香駿


日本茶のある暮らし

今月のNAGOMU BOXのもうひとつめ山の煎茶シリーズ、「両河内・香駿」。静岡市清水区の興津川上流、両河内地方の起伏に富んだ土地柄で育てられた美人で繊細なお茶です。香駿は、その名が示すように、駿河国の香り、独特な香りを特徴とするこの茶葉は、ハーブの様な、蘭の様な、ジャスミンの様な、桜餅の様ななど、いくつにも例えられるほどの多様な香りを秘めています。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published