春の気配


日本茶のある暮らし

春に思い浮かぶくだものと言えばいちご。もともとの旬は3月から4月ですが、最近は冬にもよくみかけることがありませんか?クリスマスのショートケーキなどでの需要の高まりとともに、農家の皆さんの努力で栽培技術や品種改良も進み、いまでは冬の12月~2月に店頭に並ぶことも多いそうです。それでも、私は個人的には春のいちご狩りが楽しみ。少し暖かくなってきた春の陽の光のもとで、赤みを帯びたいちごの実を摘みながら、ほんのりと汗ばむ。そんな春を感じる一日が、冬の寒さに耐えたご褒美に思えてとても嬉しいのです。できたらしばらくは飲まなかった冷たいお茶もそろそろ飲もうかな。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published