今日は八十八夜


毎日の日本茶暮らし

八十八夜は季節を知らせる雑節のひとつで、立春から八十八日目の日を指します。日本茶にとって八十八夜はとても大事な一日。「夏も近づく八十八夜」と唱歌にも歌われるように、古くから一番茶を摘むのは八十八夜の頃。煎茶が庶民の間でも飲まれるようになった江戸時代の中頃くらいから、各地で栽培も盛んになり、絣(かすり)に赤いたすきがけの茶摘みの衣装が、この季節の風物詩となりました。日本茶にとって新しい一年が始まる区切りの一日なんですね。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published