旅する日本茶|お寺参り


毎日の日本茶暮らし|NAGOMU日本茶サブスクサービス

日本茶やそれにまつわるいろいろな場所に出かけてみたい。そんな想いからはじまる新しいシリーズ「旅する日本茶」。日本茶とその土地の文化や歴史。そういった地域の背景を少しだけ覗き見ながら、ちょっとした旅気分を味わってもらえたらと思います。みなさんは、もう初詣にはいきましたか?今回は新しい一年の始まりの月に訪れるのにふさわしいお寺をご紹介します。

深大寺

毎日の日本茶暮らし|NAGOMU日本茶サブスクサービス

これは東京都調布市にある深大寺前。深大寺は、奈良時代の733年に開かれ、東京都では浅草の浅草寺に次に古い寺院です。周辺にはお蕎麦屋さんが軒を連ねていて20店舗以上のお店でお蕎麦を食べられたり、甘味処でお茶とお菓子を頂きながら休憩したりできるスペースもあります。お正月は特にお参りする人で賑わいを見せている寺院の一つ、皆さんも是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

豪徳寺

毎日の日本茶暮らし|NAGOMU日本茶サブスクサービス

招き猫のお寺として知られている豪徳寺。毎年お正月になると本堂の近くには多くの人が並び招き猫を購入し、願いが叶ったら本堂脇の招福殿に招き猫を奉納します。祀られている無数の招き猫には圧倒されます。お参りのあとは、周辺のお茶屋さんやカフェに立ち寄ってみるのもおすすめです。

すこしお寺参りに疲れたら、ほっとひととき、NAGOMUの日本茶どうぞ。ショップではNAGOMUがおすすめする12の日本茶とお手軽なサブスクメニューを取り揃えています。よかったらのぞいてみてくださいね。それでは、お茶とともに感じる色に満ちた生活を。Life is colourful.

 


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published