11月のNAGOMU TEA BOX!


日本茶のある暮らし

定期購読をお申込みの皆様へ11月のNAGOMU TEA BOXをお届けしています。今月のテーマは「紅葉狩~秋から冬へ、季節の移ろいを感じながら愉しむ紅葉狩り」。美しい紅葉を愛でながら季節の移ろいを感じる秋のひとときにぴったりの日本茶3品をお送りしています。

ひとつめは、地域のお番茶シリーズから「京番茶」。日本の緑茶の製法は京都の宇治から全国に広まりましたが、それでもなお京都でしか生産されていないお茶が「京番茶」。茶葉を摘み取った後に残った大きく硬い葉や茎を、そのままの大きい形で乾燥し焙じた番茶です。癖のあるスモーキーな香りと味わいは、好みが分かれるものの、好きになるとハマります。ぜひその奥深い京番茶の世界を愉しんでみてください。

そして、今回のもうひとつの目玉は「朝比奈 玉露」です。京都の宇治、福岡の八女とともに日本三大玉露産地として知られる静岡県・藤枝市の朝比奈地区で育てられた最高級の玉露。その独特の香りと舌の上を転がっていく旨みを感じて、最上のひといきを愉しんでもらえたらと思います。

山の煎茶シリーズからは「めいりょく」。お茶を表す「茗」と明るい「緑」の色からその名がつけられました。調和の取れた和の味は、クセもなく、渋みもない、合わせやすいすっきりとした味わいのため、普段使いにもぴったり。そのすっきりとしたお茶らしい青葉感を持った爽やかな色と香りをぜひお愉しみください。

3つの日本茶とともに、美しい紅葉を愛でながら季節の移ろいを感じて、ひといきついていただけることを願っています。

それでは、お茶とともに感じる色に満ちた生活を。Life is colourful.

現在ショップでは、12月からの定期購読やお試しBOXの予約を受け付けています。興味のある方はこちらから。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published