雨が似合う紫陽花


梅雨の風物詩、あじさいが見ごろの時期になりました。

今年は近所のあじさいまつりが中止になり残念ですが、公園や散歩道を見渡せば色とりどりのきれいな紫陽花がたくさん咲いていて、涼しさを演出してくれています。

雨が降った後はとくにキレイ、とても生き生きとして見え、雨が似合う花だなあと思って調べてみると、紫陽花は雨が好きなんだそうです。英語名で「ハイドランジア(水の器)」と呼ばれいつも水をたっぷりと体内に蓄えるからとか、梅雨の風物詩になるのも当然ですね。日本では七色花とも呼ばれる紫陽花、今は濃い紫、青、ピンクのお花が多いかもしれませんが、もう少ししたらまた色が変わり違った様相を見せてくれます、梅雨の間、紫陽花の変わりゆく七変化(色の変化)を愉しんでみるても良いですね。


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published