和菓子の日とともに


今日6月16日は和菓子の日。お茶のお供には欠かせない和菓子、そんな記念日があると知り、祝わないではいられなくなりました。

和菓子の日は、平安中期仁明天皇は、日本国内に疫病が蔓延したことを期に、年号を「承和」から「嘉祥」へと改め、その元年(848年)の616日に、16個の菓子や餅を神前に供えて、厄除けや招福を願ったことに由来するとのこと。

時代を経て今日まで受け継がれてきた記念日だけど、由来を知ったら他人事とは思えない日だったのですね。過去にも今年と同じようなことがありながらその時代のやり方で乗り越えてきた、令和2年も同じように忘れることなく語り継がれていく年になるでしょう。

今日は記念日だから和菓子屋さんが賑やかに販売されているかもしれません。和菓子好きな方も洋菓子好きな方も、この日はちょっとだけ普段と違う特別な和菓子をお茶と共に食べてみてはいかがでしょうか。

 


Leave a comment


Please note, comments must be approved before they are published